プロミスシンデレラのキャストと相関図を原作から調査!くっつくのは誰?

7月スタートの新ドラマ『プロミスシンデレラ』の新たなキャストの発表がありました!

そこで、今回はドラマ『プロミスシンデレラ』のキャストを一覧にしてご紹介したいと思います!

また、相関図を原作から調査し、最後にくっつくのは誰なのか予想してみたいと思います!

\会員登録は無料!/

▲初めてのポイント購入で最大18,000分のポイント還元▲

プロミスシンデレラのキャスト

ドラマ『プロミスシンデレラ』のキャストをご紹介します!

桂木早梅(かつらぎ はやめ)/二階堂ふみ

引用:『プロミスシンデレラ』1巻

主人公・桂木早梅(27)は、不正や非常識なことが許せないとても芯の通った強い女性です。

父親の借金苦の末に高校中退を中退し、1年前の26歳に結婚したものの元夫の正弘の不倫が原因で離婚します。

家を飛び出した後スリにあい路上生活に陥るなど、悲惨な人生ばかりです。

そんな時に出会った男子高校生・片岡壱成と「リアル人生ゲーム」をするはめに。

壱成から出されたお題を自身の信念を貫くやり方でクリアしていく中で、次第に壱成に心が惹かれていくようです。

名前:二階堂ふみ
出身地:沖縄県
生年月日:1994年9月21日
年齢:26歳(2021年6月現在)
身長:157cm
血液型:O型
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

主人公・桂木早梅を演じるのは女優の二階堂ふみさんです!

二階堂ふみさんはオファー前から原作を読んでいて、ドラマの話しが来ていることを知ると両手をあげて喜んだそうです!

早梅と年齢も近くアラサー女子ということで、二階堂ふみさんのキャスティングはとてもピッタリだと思います!

片岡壱成(かたおか いっせい)/眞栄田郷敦

引用:『プロミスシンデレラ』1巻

片岡壱成(17)は勉強も運動もできた容姿端麗ですが、かなりの性悪な男子高校生です。

実家は老舗高級旅館「湯宿片岡」で政財界に顔が利き、豪邸に何不自由なく1人で暮らしています。

兄・片岡成吾との強いコンプレックスを持ち、心を許せる相手もいない人間不信からか常に他人を見下しています。

早梅に興味を持ち「リアル人生ゲーム」を一方的に提案しますが、実は早梅のことが気になって仕方ながないツンデレ少年です。

そんな壱成は早梅と出会ったことで、少しずつ変化していくようです。

名前:真栄田郷敦
出生地:アメリカ
生年月日:2000年1月9日
年齢:21歳(2021年6月現在)
身長:183cm
血液型:B型
所属事務所:株式会社SKIYAKI

片岡壱成を演じるのは、俳優の新田真剣佑を兄に持つ真栄田郷敦さんです!

壱成と同じく勉強も運動もできた容姿端麗というのは間違いないですね!

ただ、とても真面目な真栄田郷敦さんなので、壱成の性格の悪さやツンデレがどんな感じになるのかとても楽しみです!

片岡成吾(かたおか せいご)/岩田剛典

引用:『プロミスシンデレラ』4巻

片岡成吾は、壱成の兄であり老舗高級旅館「湯宿片岡」の副社長です。

従業員や客からの信頼が厚く、かなりのイケメンで成績優秀の欠点のない存在。

成吾とは真逆の性格で、落ち着いた大人な男性です。

実は早梅とは高校時代に出会っており、思いを寄せていたほど。

そんな早梅と再会したことで積極的にアプローチをしていき、壱成とはライバル関係になり三角関係へと発展してしまうようです!

名前:岩田剛典
出生地:愛知県
生年月日:1889年3月6日
年齢:32歳(2021年6月現在)
身長:174cm
血液型:B型
所属事務所:LDH JAPAN

片岡成吾を演じるのは、三代目 J SOUL BROTHERSメンバーの岩田剛典さんです!

まさしく、正統派イケメンでピッタリですね!

ネット上ではクランクインした岩田剛典さんの和服姿が大いに盛り上がっているようです!

菊乃(きくの)/松井玲奈

引用:『プロミスシンデレラ』6巻

菊乃は、老舗高級旅館「湯宿片岡」に出入りする人気芸者で、本名は加賀美明です。

美しい美貌の持ち主で、成吾とは恋人関係にあるようですが成吾に対してとても執着心を持っています。

早梅とは恋敵ということで、早梅に対して激しい嫉妬心からサイコパスな一面が見られるようになります!

名前:松井玲奈
出身地:愛知県
生年月日:1991年7月27日
年齢:29歳(2021年6月現在)
身長:162cm
血液型:O型
所属事務所:Grick

菊乃を演じるのは、元SKE48のメンバーの松井玲奈さんです!

狂気的な菊乃を演じるのに、意地悪そうには見えない松井玲奈さんのキャスティングには意外でした!

二階堂ふみさんとは朝ドラで仲の良い姉妹役で共演していたことから、役柄は違っていても息ピッタリな演技が見られそうですね!

松井玲奈さんのサイコパスな演技が楽しみです!

黒瀬洸也(くろせ こうや)/金子ノブアキ

引用:『プロミスシンデレラ』4巻

黒瀬洸也(35)は、老舗高級旅館「湯宿片岡」の茶房で働く明るくお調子者のマスター。

壱成からの相談に応じたり、アドバイスしたりと大人の男性として頼れる存在です。

ただ、女の子好きな一面があるようです。

名前:金子ノブアキ
出身地:東京都
生年月日:1981年6月5日
年齢:40歳(2021年6月現在)
身長:178cm
血液型:B型
所属事務所:イトーカンパニー

黒瀬洸也を演じるのは、ロックバンド・RIZEのメンバーの金子ノブアキさんです!

ワイルドで大人な魅力たっぷりの金子ノブアキさんですが、茶房のマスターということで明るいイケメン男性を演じます!

黒瀬洸也は原作ファンの間でもカッコイイおじさんととても人気があるキャラクターです!

金子ノブアキさんが演じる黒瀬洸也もカッコイイこと間違いないでしょう!

片岡悦子(かたおか えつこ)

引用:『プロミスシンデレラ』2巻

片岡悦子は、彼氏とっかえひっかえしたり海外旅行に行くなど、非常にエネルギッシュな壱成と成吾の祖母です。

「人生は強烈に楽しいぞ!」と人生を謳歌しています!

ピンチの時には体を張り、恋愛経験の少ない壱成にはアドバイスをしたり、ストーリーを盛り上げるのに必要不可欠な存在です。

名前:三田桂子
出身地:大阪府
生年月日:1941年10月8日
年齢:79歳(2021年6月現在)
身長:158cm
血液型:O型
所属事務所:プロダクション尾木

片岡悦子を演じるのは、ベテラン女優の三田桂子さんです!

2019年に放送されたドラマ『凪のお暇』に出演されていた時も素敵な老女役でした!

今回も、明るくてパワフルな素敵なおばあちゃんを演じてくれることでしょう!

天馬(てんま)

引用:『プロミスシンデレラ』9巻

天馬は超一流ホテルの御曹司で、成吾の友人です。

成吾の旅館を自分のグループ会社に引き込もうと裏でコソコソと動いています。

また、成吾の旅館を自分のグループ会社に引き込む為、早梅を自分のものにしようとアプローチをしましたがあっさりと断られます。

それでも諦めず早梅を自分のものにしようとしていると、最初は恋愛感情など無かったはずがだんだん恋愛感情を抱くようになっていくようです。

現在のところキャストは未定ですので、わかり次第追記します!

今井正弘(いまい まさひろ)

引用:『プロミスシンデレラ』1巻

今井正弘は早梅の元夫です。早梅に不倫を見抜かれて、一方的に早梅に離婚を突きつけます。

実は、菊乃と関係があったようです!

現在のところキャストは未定ですので、わかり次第追記します!

プロミスシンデレラの相関図

『プロミスシンデレラ』の相関図についてご紹介します!

主人公・桂木早梅→27歳、アラサーバツイチ。壱成が気になる存在に。
片岡壱成→17歳の高校生、成吾の弟。早梅が好き。
片岡成吾→老舗高級旅館「湯宿片岡」の副社長、片岡壱成の兄。菊乃と恋人関係だが早梅が好きに。
菊乃→老舗高級旅館「湯宿片岡」に出入りする人気芸者。成吾と恋人関係。
天馬→超一流ホテルの御曹司、成吾の友人。早梅に恋心。

引用:https://www.tbs.co.jp/promise_cinderella_tbs/chart/

プロミスシンデレラ最後にくっつくのは誰?

ドラマ『プロミスシンデレラ』で最後にくっつくのは誰なのでしょうか!?

ネット上でも話題になっています!

現在のところ、マンガ『プロミスシンデレラ』の最新巻は11巻まで発売されており連載中となっています。

なので、原作ではまだ最後に誰がくっつくのかは分かっていません!

『プロミスシンデレラ』の原作のキャストを参考にすると、主人公・早梅と壱成と成吾の三角形が予想されます!

そしてそこに、菊乃や天馬が加わって乱されていくことでしょう。

やはり、早梅が気になる存在である壱成とくっつくのでしょうか!?

でも10歳差の年の差が気になり、成吾とくっつくのでしょうか!?

ドラマでは最後には必ずどちらかとくっつくことでしょう。

予想ではありますが、やはり10歳差を乗り越えて最後には壱成とくっつく可能性が高いのではないでしょうか!!

プロミスシンデレラの原作を読むならまんが王国がオススメ!

\会員登録は無料!/

▲初めてのポイント購入で最大18,000分のポイント還元▲

まとめ

以上、『プロミスシンデレラ』のキャストと相関図を原作から調査し、最後にくっつくのは誰なのか?まとめてみました!

キャストいは大人気俳優さん達がキャスティングされていて、ドラマがとても楽しみです!

最後はやはり主演のお2人がくっつくのではないでしょうか!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カテゴリー: