天国と地獄の犯人予想や考察を全てわかりやすくまとめました!黒幕はあの人!?

ドラマ『天国と地獄』の第6話が2021年2月22日に放送されると、新たな需要人物が登場したり今までの考察とは全く違う展開だったりと、ネット上の考察を惑わせています!

そこで、現段階で犯人だと予想されている人やこれまでの考察を全てわかりやすくまとめました!

また、ドラマ『天国と地獄』の結末についても予想してみました!

天国と地獄が一気に視聴できるのはParaviだけ!

▲初回登録は2週間無料▲

天国と地獄の犯人予想

現時点で、犯人ではないかと予想されている人を順にまとめました!

彩子の同居人・陸

1人目は彩子の同居人・陸です!

最初から陸は真犯人ではないかと常に予想の上位にいました!

最初の頃は『暗闇の清掃人Φ』は陸が書いていて、陸と日高が入れ替わっていたのではないかという考察が多く見られました!

ですが、彩子(日高)はメイクが上手くこれまでの女装のこなれ感や、第5話では彩子(日高)が陸を好きになっているような素振りを見せたことから真犯人は女だという可能性が出てきました!

そして第5話の最後に戸田一希が登場し、一気に陸が真犯人だという可能性は低くなります。

ですが、第6話ではまたもや怪しい行動からやっぱり犯人ではないかと予想されています!

彩子の後輩・八巻

2人目は彩子の後輩・八巻です!

八巻も陸と同様に最初から犯人予想の中に入っていましたが、放送が進むに連れて八巻の行動がさらに怪しくなるので犯人ではないかと予想されています!

八巻はポンコツだと言われていますが、彩子と日高の入れ替わりにすぐに気づいています

また、妙な発言をしていたり、証拠品である日高の手袋をすり替える際に左右を間違えたり、それが単なるポンコツだからなのかわざとなのでしょうか!?

また、第6話では被害者の名前を2人しか知らないはずなのに、すぐに被害者の名前の漢字には「漢数字」が入っているとに気づきます。

そして、次の殺害ターゲットと思われる久米の家の周辺を彩子と八巻で見張っていたものの殺人は未遂に終わり安心していましたが、第6話の最後にはまた殺人事件が起きていました。

これは八巻が殺人を犯すべく、久米さんの方にミスリードしたのでは!?という説も浮上しています!

日高の妹・優菜

3人目は日高の妹・優菜です!

第5話で真犯人は女ではないかという可能性が出てきたことと、優菜を演じる岸井ゆきのさんがちょい役で終わるけがないという理由もあり、一気に犯人ではないかと予想が出てきました!

また、最初に日高が入れ替わったのは妹や、日高は妹を庇っていて一連の事件に関係があると予想されています!

戸田一希

4人目は戸田一希です!

第5話の最後に登場したことで、最初に日高と入れ替わったとされる「歩道橋の女」は戸田一希だったと考察され一気に犯人だと予想されました!

ですが第6話で、北村一輝さん演じる河原が3年前の一ノ瀬正造殺人事件の目撃者である戸田一希が虚偽の証言をしたことを突き止め、戸田一希に詰め寄りますが、「クウシュウゴウ」という人物に顧客名簿売っただけだたことが分かりました。

ということは、「歩道橋の女」でもなかったということです!

ここで、重要人物だとされていた戸田一希の犯人説は一気に低くくなり、犯人予想からも外れています!

東朔也

6人目は東朔也です!

第6話で東朔也という重要人物が浮上し、東朔也と日高が入れ替わっていたのではないか!?という説から、東朔也が全ての黒幕ではないかと予想されています!

そして、その東朔也は彩子(日高)が薬の空のケースを拾って「時間がないですね」と呟いていたことから余命が短いのだと思われます。

そして、「余命3ヶ月」と言っていて同じく余命が短いとされているのが陸の師匠・湯浅和男です。

他にも、久米宅から引き返す犯人と思われる姿が映っていましたが、その後ろ姿が湯浅和男と似ていたとも言われています!

また、ネット上では東朔也と湯浅和男のアナグラムが話題となっていて、東朔也の正体は湯浅和男ではないかと予想がされています!

天国と地獄これまでの考察まとめ

これまでにご紹介してきた考察を全てまとめました!

タイトルをタップするとこれまでの考察へと進みます。

暗闇の清掃人

以前は陸が書いた物ではないかと考察されていましたが、自殺した十和田の漫画だと言うことが分かりました!

その漫画を東朔也が持ち出したとされています。

謎のマーク「Φ」

謎のマークは「Φ(ファイ)」は、第6話で「空集合」を意味することが分かりました!

「空集合」というのは1つも共通する要素を持たない集合を意味します。

そして、ドラマ『天国と地獄』には数字がついた登場人物が多い事から、名前に数字がついた人とついていない人との何らかの関係があると考察されています!

殺害に使った丸い石

日高はなぜ丸い石を持ち帰ったのかは、まだ判明していないようです!

シヤカナローの花

シヤカナローの花は、入れ替わりと大きく関係していると思われます!

たった一夜だけしか花は開かないということから、日高は新月の時にだけ入れ替わって殺人を犯しているのではないかと考察されています!

真犯人

日高の他に真犯人がいるのは間違いないでしょう!

最初にあった犯人が彩子説はなくなりましたね!

真犯人は先ほど予想した中にいるのでしょうか!?

数字の4の謎

第6話で「9」の数字に該当する久米が殺害未遂で終わりましたが、第7話では新たな殺人が起こっています!

一体それは誰なのでしょうか!今度はどの数字に関わる人が殺されてしまったのでしょうか!?

真犯人は日高の妹?

日高の妹が犯人の可能性は、少なくともまだ残っていうようですね!

日高は妹を庇っていて一連の事件に関係がると考察されていますが、何らかの関係はありそうですね!

東朔也と日高の入れ替わり

東朔也と入れ替わりの考察もたくさん揃っていることから、一番可能性は高いように思います!

そして、東朔也の正体は誰なのか!?犯人予想にもある、湯浅和男が関わっているのでしょうか!?

天国と地獄の結末はどうなる!?を予想

ドラマ『天国と地獄』の結末はどうなるのでしょうか!?

入れ替わってしまった2人は元に戻るのでしょうか!?ネットの声を参考にまとめました!

「結末がどうなるかわからない!」という声が多い中、「ここまでおもしろいのだからつまらないのは嫌だ」という声や、「悲しい結末にはならないで」という声がありました。

ですが、脚本家の森下佳子さんの作品では死ぬ人が出てくることが多いので、誰かが死んでしまう結末なのではないかとも予想されています。

また、陸が死ぬのでは!?という声もあり、ドラマ『天国と地獄』の公式サイトの一部には「予想もしない真実と“究極の愛”が待っていた」という文章から彩子を助けるために陸が死ぬのでは!?と予想されています。

確かに陸は、話しの中で「彩子と出会った時、俺はこの人を助ける為に産まれてきた」と言っていましたね!

そして最後に、手嶌葵さんが歌っているドラマ『天国と地獄』の主題歌である、『ただいま』の歌詞が結末ではないかとも予想されています!

『ただいま』の歌詞に当てはまる人は陸のような気もしますが、陸が死んでしまう運命にあるのでしょうか・・。

まとめ

以上、天国と地獄の犯人予想や考察を全てわかりやすくまとめました!

犯人予想を見ていると、予想されているのは3人に絞られたようですね!

陸・八巻・東朔也=湯浅和男の中の誰かが犯人なのでしょうか!?

結末がどうなるのか楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

天国と地獄が一気に視聴できるのはParaviだけ!

▲初回登録は2週間無料▲

カテゴリー: